禁煙したいけど出来ない…と思っている方でも出来る禁煙治療法を伝授します。現在、禁煙治療に用いられる方法として1週間だけ喫煙できる禁煙治療薬があります。その薬を使うことによってスムーズに禁煙することができます。

タバコの原料と歴史について

タバコとは、ナス科タバコ属の多年草の亜熱帯性植物を原料とし、加工して利用する嗜好品になります。葉の成分に有毒で習慣性の強いニコチンを含みます。この葉を燃やして煙を吸引することによって、覚醒作用やリラックス作用などを得ることができるようになっています。
原料となるタバコの歴史は長く、紀元前5000~3000年ごろの南米アンデス山脈で栽培されていたことを起源に、15世紀にアフリカ大陸からヨーロッパに伝わったとされています。喫煙の習慣はアメリカの先住民が行っており、マヤ人は生け贄を捧げる儀式や占い、魔除けなどに利用していたとされています。その後16世紀にはヨーロッパの船乗りの間で喫煙の習慣は一般的となり、1828年にスペインで紙巻きにしたシガレットが登場したことによって商業的な拡張がもたらされ、20世紀初頭に安価な機械による製造が広まったことによってその依存性から喫煙人口が増加したといわれています。
日本での歴史は、1601年に肥前国平戸に来航したフランシスコ会員が平戸藩主に原料の種を贈呈していることから始まります。1605年には長崎の桜馬場で種を植え始めたとされています。
タバコの種類はさまざまで、葉を含んだ混合物を噛むことによって風味を楽しむ噛みたばこ、着火せずに香りを楽しむ嗅ぎたばこ、歴史が古く最も原始的な葉巻たばこ、刻んだものを紙に巻いたり器具に詰めて喫煙する刻みたばこ、一般的な着火をすればそのまま吸える紙巻きたばこ、刻みたばことシガレットペーパーを自分で巻いて楽しむ手巻きたばこなどの種類があります。
しかし、どの方法でも喫煙には病気のリスクなどを高めたりするなどのデメリットがあることを理解することが大切です。