禁煙したいけど出来ない…と思っている方でも出来る禁煙治療法を伝授します。現在、禁煙治療に用いられる方法として1週間だけ喫煙できる禁煙治療薬があります。その薬を使うことによってスムーズに禁煙することができます。

タバコは世界に何種類あるのか

タバコを吸って楽しむ喫煙という行為は1500年前のマヤ文明の時代には少なくとも既に行われていたとされています。
もちろん現代のタバコとは異なるものであるということは忘れてはいけませんが、世界にとってタバコというのは思われているよりも身近な存在なのです。
ではそんな具体的に世界には何種類あるのかということですが、一般的に製品として使用される物にはバージニア、オリエント、ペリック、ラタキア、バーレーといったようなものがあります。
最も多く使用されているのはバージニアですが、より香りが強いものを求めるのであればペリックが使われたり、バージニアとペリックをブレンドして使うというようなこともあります。
単純な品種だけで言えばそこまで多くはありませんが、製品としての種類を言うのであればその数は非常に膨大になることでしょう。
日本国内で最も普及している紙巻きタバコ、シガレットはブレンドや香料を変えることでさまざまな製品が開発されており、日本原産のもので80種類以上、日本国内に輸入されてくるものでコンビニにも並んでいるような世界のタバコを含めると210種類以上になります。
もちろん通常のコンビニでその全てを網羅しているということはほぼありませんが、何も知らずに専門店に行くと棚一面を埋め尽くすシガレットの箱に驚かされる人も少なくありません。
またこのシガレット以外の葉巻やパイプ、スナッフや水タバコといったようなものを含めるのであれば、その種類は1000種類を優に超えることでしょう。
さらに近年では無煙タバコなども開発されていますから、今後世界にある種類の数はさらに増えていきます。
ひとくちにタバコと言っても、実はその種類は非常に多く、嗜好品として非常に奥が深い存在なのです。