禁煙したいけど出来ない…と思っている方でも出来る禁煙治療法を伝授します。現在、禁煙治療に用いられる方法として1週間だけ喫煙できる禁煙治療薬があります。その薬を使うことによってスムーズに禁煙することができます。

ニコチネル活用の禁煙治療で初日のつらさを乗り越える

本気でタバコをやめようとする人にとって、効果のある禁煙方法ならどんなものでも試そうと思っているものです。欧米社会に遅れを取っていた日本でも、禁煙エリアは増加を続けており、公共の場所は全面禁煙というところも少なくありません。会社関係でもこの動きはますます活発になっています。それもそのはず、喫煙する本人より以上に、まわりで否応なしに煙を吸い込んでしまう受動喫煙は、その与える害の大きさから罰則を求める声すら上がっているのが現状です。こんな背景もあり、愛煙家たちの居場所は日に日に追いやられています。
世の中には様々な禁煙グッズがありますが、そんななかでも王道と呼べるのはやはりニコチン置き換え療法です。数え切れないほど多くの病気の元といわれながらも、なぜこんなにもやめることが困難なのかを考えると、この方法は理にかなっていることがわかります。最終的に禁煙治療へ行きつく人が多いのは、医学的根拠に基づいているからです。具体的にはニコチネルパッチなどの外用薬を用いますが、初日から3日めまであたりの最もつらい時期を助けます。
禁煙治療では、精神力でひたすら吸いたい欲求をねじ込むようなストレスは与えません。これをしてしまうと誰しも逃げたくなり、何倍も反動が来てしまうからです。ニコチン依存症と全面対決するのではなく、ニコチネルで治療初日からニコチンを少量与え、離脱症状を少しずつやわらげる方法を取ります。ニコチン依存症は決して侮れず、吸いたい欲求が起きればイライラし、集中できなくなります。頭痛や強烈な眠気のほか思考力の低下など、離脱症状が最も強く現われるのが初日から3日め頃にかけてです。ニコチネルを上手に活用する禁煙治療により、多くの人が完全禁煙に成功しています。