禁煙したいけど出来ない…と思っている方でも出来る禁煙治療法を伝授します。現在、禁煙治療に用いられる方法として1週間だけ喫煙できる禁煙治療薬があります。その薬を使うことによってスムーズに禁煙することができます。

病院で禁煙治療時に処方される薬にはどんな種類が

病院の禁煙外来に通って禁煙治療を行う場合、必ず治療の過程で禁煙治療に役立つ薬が処方されます。この禁煙治療薬には、貼り薬と飲み薬の2種類があります。
禁煙治療に用いられる貼り薬はニコチンパッチと呼ばれるものです。治療では、大きさとニコチン含有量が異なる3種類のニコチンパッチを使用し、時間の経過にしたがって徐々に小さいサイズのニコチンパッチにしていきます。禁煙治療は12週間で行われるのが標準ですが、ニコチンパッチはこのうち8週間しか使用せず、残りの4週間は貼らずに禁煙を続けます。使い方は、1日1枚を上腕、お腹、背中のいずれかに貼り、24時間経過したら新しいものに貼り替えます。新しいものを身体に貼るときは、前回貼った場所とは異なる場所に貼るようにします。
ニコチンパッチは皮膚に貼るタイプの薬であることとニコチンが含まれていることから、皮膚が弱い人や汗をかきやすい人、循環器の病気にかかったことがある人などには使いにくいという欠点があります。このような人に対して出されるのが、バレニクリンと呼ばれる物質が含有されている錠剤タイプの内服薬です。この錠剤には0.5mg錠と1.0mg錠の2種類があり、治療を開始してから最初の3日間は0.5mg錠を1日1回、4日目から7日目までは0.5mg錠を1日2回服用し、8日目以降は12週目が終わるまで1.0mg錠を1日2回服用するのを継続していきます。バレニクリンよる禁煙治療は費用がかかる分、ニコチンパッチによる治療と比べて高い禁煙効果を得ることができます。また、ニコチンパッチを使用すると治療開始初日から禁煙しなければなりませんが、バレニクリンでは服用を開始してから7日目までの間に喫煙をしても、8日目から完全に禁煙することにより禁煙効果が得られます。