禁煙したいけど出来ない…と思っている方でも出来る禁煙治療法を伝授します。現在、禁煙治療に用いられる方法として1週間だけ喫煙できる禁煙治療薬があります。その薬を使うことによってスムーズに禁煙することができます。

禁煙の為の置換療法という禁煙治療

禁煙は愛煙家にはとても難しく失敗した方も大勢います。禁煙が難しい理由は喫煙行為そのものの習慣依存とニコチン依存の二つが挙げられます。禁煙治療ではこの依存からの脱却を目指しますが、そのプログラムの中に置換療法があります。まず喫煙行為における習慣依存に対しては行動置換療法という「喫煙行動を他の行動に置き換える」という禁煙方法があります。これは煙草が吸いたくなったら水を飲む、ガムやキャンディを口に含む、深呼吸をするなどして気を紛らわせ対処するという禁煙治療法です。またニコチン依存に対してはニコチンパッチやニコチンガムを使った「ニコチン置き換え療法」を用います。多くの場合はこの二つの置換療法を併用して禁煙治療を進めていく事になります。
行動置換療法のポイントは煙草を吸いたいという衝動に対して、口に刺激を与えるという事です。禁煙パイプの様な物でもある程度効果は期待できますが状況によっては無力どころか逆効果の場合もあります。ので刺激を与える方法としては氷を口に含む、メントール系のガムやキャンディを口に含むなどの方が良いでしょう。
ニコチン置換療法療法ではニコチンパッチやニコチンガムといった禁煙補助薬を使います。禁煙を始めた時に現れるニコチン離脱症状に対して煙草に代えてニコチンのみを吸収させ症状を軽減させる物で、段階的に接種するニコチンの量を減らす事でニコチン依存からの脱却を目指します。煙草を吸いたい衝動がある緊急時はガム、長時間の効果を期待する時はパッチと使い分ける事ができます。
禁煙治療は長くかかるものですがこれらの置換療法を上手に利用し、習慣依存、ニコチン依存からの脱却を目指し、最終的な禁煙に繋げてもらいたいと思います。