禁煙したいけど出来ない…と思っている方でも出来る禁煙治療法を伝授します。現在、禁煙治療に用いられる方法として1週間だけ喫煙できる禁煙治療薬があります。その薬を使うことによってスムーズに禁煙することができます。

禁煙を妨げる、喫煙依存の原因となるニコチン

「禁煙したいけど、どうしてもやめられない!」といった方は、昔から後を絶ちません。
特に、意識的にタバコをやめようと思えば思うほど、意外と難しいものです。
禁煙が成功する場合は、大抵、意識的なものより、病院にいって、医師の指示に従って徐々に、といったものや、他の要因(極度ののどの痛みが長期的に続き、タバコを吸いたくても吸えない日々が続いて、知らないうちにタバコをやめてしまった)が多いように思います。
これには、タバコには一度癖になると、どうしても喫煙をやめさせてくれない物質が入っているからです。
その物質は、聞いたことがある人も多いと思いますが、「ニコチン」です。
タバコのケースには、必ず「ニコチンの含有量」が記載されているため、タバコのケースを見れば、ニコチンという言葉は目にします。
この「ニコチン」はある意味、麻薬みたいなもので、中毒性の物質で、一度体内に入ると、また欲しくいなってしまう物質なのです。
そのため、麻薬同様、一度癖になると、なかなか禁煙が出来ないのです。
その結果、喫煙依存となってしまうわけです。
別の見方をすれば、「ニコチン依存」ですね。
要は、タバコは一度癖になったら、そう簡単には禁煙できるものではないのです。
本来は、それを踏まえた上で、タバコを吸い始めるべきなのですが、色々な事情があって吸い始める方が多いわけですから、なかなか難しいですよね。
本当は、タバコのケースに大きく赤い太字などで、そういったことを記載するのが一番良いのかもしれないですね。
そうすると、いざ禁煙しよう、と思ってもなかなか出来ません。
意識的に喫煙依存から抜け出すのは困難なため、出来るだけ、他の方の手を借りたり、無意識に喫煙を抜け出す方法を見つけるのが一番でしょう。