禁煙したいけど出来ない…と思っている方でも出来る禁煙治療法を伝授します。現在、禁煙治療に用いられる方法として1週間だけ喫煙できる禁煙治療薬があります。その薬を使うことによってスムーズに禁煙することができます。

青梅市外来のニコチン中毒解消のための禁煙治療

青梅市外来ではニコチン中毒解消のために禁煙治療が行なわれています。禁煙治療はニコチン中毒のためですが、禁煙をするだけのためにも利用できます。青梅市外来は禁煙外来とも呼ばれ、一人でできなかった禁煙治療を医師とタッグを組み実現しようとしています。青梅市外来で行なわれている治療は主にカウンセリングと投薬治療です。禁煙はニコチン中毒が収まらないと実現しません。しかし、中毒症状なので個人差がかなりあります。そこで医師が適切にカウンセリングを行い、必要に応じてカウンセラーの診察も受けながら禁煙に繋げていきます。禁煙は精神的なものと考えられがちですが、ニコチン中毒が重ければ精神論で語っても症状は良くなりません。禁煙外来では投薬治療を行って禁煙治療を行います。中毒は脳内にある受容体がニコチンを欲することから怒ります。そのため、ニコチンが無くても大丈夫なのだと脳に教えることが必要であり、投薬によってそれを実現しています。ただし、投薬期間は中毒の症状とも関係しますのでゆっくりと行なうことが重要です。また、タバコの味を忘れられないという方もいるのでタバコを吸っても美味しくないように味覚を変化させます。投薬は徐々に量が増やされますが、早い人なら最初の投薬からタバコを減らしたり、吸わなくても良くなるようです。しかし、投薬期間を適切に守らないとすぐにタバコを吸う用になってしまい、再度治療する際には量も期間も長くなることが多いので注意が必要です。青梅市外来のような禁煙外来は全国に誕生してきており、禁煙は治療できると認識が生まれてきています。また、重症な中毒の場合も我慢せずに治療ができることで安定した生活を取り戻したという方も多いです